​安定した粉体塗装の品質をご提供するために
信号機量産_180dpi.jpg

工業製品の量産粉体塗装は、確実な品質を安定させることに難しさがあります。静電気で塗料を付着させること、高温度域で焼き付けること。ここには、長年の経験と知識が必要になります。

​カドワキでは、50年を超える塗装の歴史と、いち早くから粉体塗装を採用し、工業製品に採用したことが安定した粉体塗装の品質に繋がっています。

粉体専門塗装工場として、塗装設計、設備、品質管理を徹底しております。

​工程

小さいサイズのものから、4mの長物まで。前処理から一貫したライン設備のため、効率良く製品を仕上げることができます。

​多種多様な製品に対し、フレキシブルに対応できるスタッフそれぞれがプロフェッショナルであります。安心して塗装を依頼ができる信頼はここにあります。

K2ブース
K2ブース

K2前処理槽
K2前処理槽

K2作業
K2作業

K2ブース
K2ブース

1/4
シーリング1_180px
シーリング1_180px

パテ仮
パテ仮

シーリング1_180px
シーリング1_180px

1/2
​技術

粉体塗装ではパテ処理が溶剤塗装に比べ難しい作業の一つです。それは静電塗装なのでパテが電気を通すこと、焼き付けの熱に耐えること。あまり厚く塗ることができない関係上、仕上げで使うだけとお考え下さい。シーリング関しても同様です。

これらを熟知した職人が、製品一つ一つ手作業で仕上げていきますのでご安心ください。

​検査

膜厚、色差、グロス等お客様の品質基準に合わせ、検査体制を作ります。中小ロットで心配される品質の安定性は、日々のデーター管理を行うことで、リピートを安心して依頼できます。

検査_仮.png
​カラー

多色中小ロットに対応するために、世界中から粉体塗料を入手。テストし吟味された塗料だけが使用されています。

カドワキではお客様の求める品質を実現するために、これらの塗料の中からご提案いたします。