カドワキコーティング
一品一品こだわり高い品質を求めるカスタム品を手がけるスタッフ。 それぞれの工程を担当するスペシャリストをご紹介します。
絶対に成功させて、お客様にお返しする。

ファクトリーマネージャー 吉岡 純
主に自転車、モーターサイクルといったカスタムコーティング全般と、デザイナー様からご依頼していただく試作塗装などを担当しています。仕事を依頼してくださっているお客様は、やはりこだわりを強く持った方が多く、思い入れのある品物をより永く使い続けたいと、粉体塗装を選んでいただいています。そんなお客様からいただく“思い”を品物からひしひしと感じながら、日々ベストを尽くしています。カドワキコーティングの手がけた一品一品が少しでも永く輝いていられるように、こちらも精一杯品物に“思い”を詰め込む作業をしています。

塗装屋である以上、まずは“塗膜の強さ”というものが一番大事なことだと思っています。永く使ってもらえる塗装をすることが自分たちの第一の使命です。そのためには、「塗膜の密着性」を最強にすること。鉄、アルミ合金、マグネシウム・・・この素材の場合はこの塗料が最適だとか、そういった知識はもちろん誰よりも豊富に。そして、焼きの温度もそれぞれの塗装によっていちばん最適な温度条件を探し出す。塗膜の密着性を最強にすることは、一品一品常に心がけています。

この仕事は、預かっているものを、絶対にお客様に返さないといけない。どんなに難しい要望の色でも質感でも、絶対に成功させないといけない。そういう思いでやっています。完成品を初めて見たときのお客様の顔、その喜んでいる顔を見るのが自分にとって一番うれしい最高の瞬間です。大の大人が、おもちゃ箱を開けた時のような顔をしている。その時のしあわせな表情を知っているから、また見たいから、頑張れるんだと思います。

「こんな色、こんな質感、こんな模様のものってつくれないかな」そういうアイデアや思いは、是非、どしどしとお寄せください。そういうお客様の要望があるからこそ、世の中にまたひとつ、新しい、美しい塗装が生まれてくるわけです。それに、自分の“生きた証”もたくさん世の中に残せる。より永く使ってもらえるように、塗膜の密着性を最強にした形で、必ずお返しいたします。
思いだけじゃなく、考えも込められた塗装を。

飯島 裕司
ただ品物を塗るのではなく、その品物がどのように組込まれ、どのように使われて、どのように見えるのかを考えて、塗装を施すことが大事だと思っています。その品物を扱うショップさん、受け取ったお客さまにキレイに塗装されているなと思ってもらえることはもちろん、「よく考えて塗装されているな」と思ってもらえるような仕事を続けていきたいと思います。
常に商品に対して最善の方法で臨み、
最良な商品を目指していきます。

田方 和博
現在塗装の前処理(脱脂・古い塗装の剥離・ブラストによる腐食除去)をメインに作業をしています。わたしの仕事の信念は、完全完璧な下地処理をすることです。たとえキレイな塗装をしても、下地が不良では長期間の使用には耐えられません。

丈夫で長持ちすることが、エコロジーにつながる。当然塗り直し、色替えなどのほうが利益を上げられるのかもしれないけれど、これからの産業界を考えれば丈夫で長持ちする、つまり新しいものを使い捨てで作らず、良いものを永く使っていただけることが将来の産業やいい未来にもつながるのではないかと思っています。

粉体塗装はまだまだ、一般には認知されていないと感じています。ちまたの家電製品や建築物の塗装が粉体塗装などと気付く人はまずいません。粉体塗装の良さを、もっともっと日本に広めていきたい。こんなに品質がよく奇麗で、丈夫だということを、私たちは常に“モノ”で示していきたいと思います。そのためにも、自分に課せられた妥協なき作業をこれからもひたむきに続けていきたいと思います。
いいモノを広めていけないことは、罪である

営業 堀内 一馬
私の仕事は営業です。カドワキコーティングの錆びない、剥がれない、そして多彩な色や質感を実現する塗装を、もっともっと世の中に広めていくことが私の仕事です。休みの日の時間を割いてでもやりたい仕事です。とくに高品質パウダーコート、私たちは『プレミアムパウダーコート』と呼んでいるんですが、この価値をぜひみなさんに知っていただきたいと思っています。